【極秘】日常系、ギャグ系のアニメや漫画で家族で見ても大丈夫な下ネタ戦闘グ

日常系、ギャグ系のアニメや漫画で家族で見ても大丈夫な下ネタ戦闘グ…

日常系、ギャグ系のアニメや漫画で家族で見ても大丈夫な下ネタ戦闘グ…

日常系、ギャグ系のアニメや漫画で家族で見ても大丈夫な下ネタ戦闘グロ無しのものってありますか? しろくまカフェとばらかもんみたいなノリが好きです

アンサー

甘々と稲妻
うどんの国の金色毛鞠
ふらいんぐうぃっち
うさぎドロップ
◆磯部磯兵衛おすすめです!
◆○らき☆すた
美水かがみ先生原作の萌える癒し系4コマ(公式で書いてる)「らき☆すた」をアニメ化したもの。
オタクな少女泉こなたと、そのクラスメイトの柊つかさ、高良みゆき、つかさの双子の姉である柊かがみの4人を中心とした、女子高生の日常生活を描くほのぼの癒し系(萌え萌え)コメディ。その作風は一見ゆるゆるなようで、オタクに馴染みの深い事柄をチクリと刺すシニカルなネタも案外多い、という特徴がある。
・感想など
これは素直に「うん、そうそう」と思える所や、グサッと刺さる所があって面白い。
特に5話以降、ヤマカンがいなくなってからが面白い(というのは言わない方がいいね)。
○涼宮ハルヒの憂鬱
女子高生・涼宮ハルヒが、「宇宙人や未来人や超能力者を探し出して一緒に遊ぶこと」を目的に設立したクラブ「世界を大いに盛り上げるための涼宮ハルヒの団」(通称:SOS団)のメンバーを中心に展開する、「ビミョーに非日常系学園ストーリー」。
・感想など
オタクには絶対見てほしい作品(真のオタクはとっくに見てるか)です。
京アニブームに火をつけた作品のひとつで、同じくオタクならチェックしておきたい、「らき☆すた」や「けいおん」などのブームにつながった。
◆はんだくん※ばらかもんのスピンオフ作品※
∟本編の6年前の物語を舞台に、人見知りな主人公・半田清と、その周囲を取り巻くクラスメイト、中でも特に彼に心酔しているグループの通称「半田軍」との誇大評価的な日常をめぐる高校生時代が描かれている。
坂本ですが?
∟県立学文高校の1年2組、そこには入学早々学校中の注目を集める男がいた。彼の名は坂本。注目を集める要因は彼のその行動の美しさにあった。挙動は全てがスタイリッシュ&クーレストであり、何より彼の行動1つ1つには人を惹きつける「何か」があった。そんな完全無欠の学園生活を送る坂本を中心とする人情ギャグ漫画である。
斉木楠雄のΨ難
∟彼の名前は斉木楠雄、超能力者である。誰もが羨む才能も、本人にとっては災難を呼ぶ不幸の元凶。故に人前では力を封印、目立たず人と関わらずを心掛けてきた斉木だったが、何故かワケあり同級生が急接近!?
田中くんはいつもけだるげ
∟ため息、片ひじ、ねむそうな目…なんだかいつもけだるげな田中くん。そんな田中くんと、彼をほっておけない大きくて無口な太田くんがおくる、ユルユルまったり、にぶにぶなインセンシティブ青春コメディ。
魁!!クロマティ高校
∟真面目で成績優秀な主人公神山が、悪の巣窟クロマティ高校に、不思議な経緯で入学してしまうということから始まるギャグ漫画。
ネットミラクルショッピング
∟今まであるようでなかった、そんな画期的な商品を紹介する通販番組、それが「ネットミラクルショッピング」。プレゼンターである山田とそうたが、毎回とっておきの商品を紹介する。
「ショッピング」と冠しているが、通販番組ではなく、ギャグアニメである。放送時間は10分間で、5分間(正味3分半ないし4分間)の2本立て。
◆ゆるキャン△
◆://blogsyahoocojp/uzassy/14347411html
私が書いたオススメの日常アニメ一覧です。


質問タグ:ばらかもん,しろくまカフェ,下ネタ戦闘,魁!!クロマティ高校,涼宮ハルヒ,スピンオフ,はんだくん

未知の生物と未知の生物に対応した兵器について質問です。 TVゲーム『…

未知の生物と未知の生物に対応した兵器について質問です。 TVゲーム『…

未知の生物と未知の生物に対応した兵器について質問です。 TVゲーム『マブラヴ オルタネイティヴ』には、BETAに対抗する機動兵器、『戦術歩行戦闘機』が開発・配備され、TVアニメ『ストライクウィッチーズ』シリーズでは、ネウロイに対抗するために作られた装備、『ストライカーユニット』が出てくるのですが、ここで質問です。
もし現実に、BETAやネウロイのような地球外生命体が出現した場合、未知の生物に対抗するには、専用の兵器が必要でしょうか?

マブラヴオルタネイティヴ,ストライクウィッチーズ,ネウロイ,未知,生物,スカイガールズ,unknownアンサー

それはそのunknownの生命力や強度にもよるかと。
unknownが既存の兵器で対処できる存在であるのなら専用機は不要だと思いますが、既存の兵器で対応出来ない、又は既存の兵器で対応出来たものの、その結果甚大な被害を被った場合は作られるでしょうね。
それこそスカイガールズや地球防衛企業ダイガードがその路線のストーリーで展開していきましたからね。
それに、環境破壊や放射能汚染を考慮せずバカスカ核を撃ち続ける様な人間は主導者になれないと思いますし。
◆一ヶ所に誘導して核ミサイルの連射が効かないなら月にコロニーを作って逃げると思います


質問タグ:マブラヴオルタネイティヴ,ストライクウィッチーズ,ネウロイ,未知,生物,スカイガールズ,unknown

複数シートを一つのシートにまとめる方法を教えて頂きたいと思ってい…

複数シートを一つのシートにまとめる方法を教えて頂きたいと思ってい…

複数シートを一つのシートにまとめる方法を教えて頂きたいと思っています。 よろしくお願いします
シートが400ほどあり日別売上データが入っています。 シート名は「20180701」等日付で現状別シートで関数を使って集計していますが関数が多くなって重くなったり加工しにくいため一つのシートにまとめようかと思っています。
貼り付けたいデータはA列からP列まで、終わりの行は各シート4000から5000とバラバラです。
それらを20180701シートの最終列の次は20180702シートのA6列から最終行まで貼り付け、20180703~と一つのシートに貼り付けたいと思っています。
また、ただ貼り付けると日付も分からなくなるためフィルターで集計出来なくなるのでA列を挿入して各シートのシート名を全行に貼り付ける事は可能でしょうか?
そうすることでフィルターで集計しやすくなったりaccessで集計しやすくなるかと思いますが、他に何か良いやり方があれば教えて頂きたく思います。
どなたかよろしくお願いします

アンサー

こんな案はどうでしょうか?
「VBScript」による回答ですので、「Windows限定」です(もちろん、「VBScript」が使用不可の環境でしたら、この回答は、完全に無視してください)。
このプログラムは、プログラムファイルに「~xlsx」ファイルを1つだけ、ドラッグ&ドロップすると、「20180701」のような名前のシート(シート名の長さが8文字で、なおかつ、「2018/07/01」という形にして、「IsDate()」関数で、「日付」として評価できるかどうか確認して、「日付」として評価できれば、処理対象のシートと判断しています)をいったん、「20180701csv」というファイルをドラッグ&ドロップしたファイルと同じフォルダ内に書き出します(処理終了後に削除していますので、ご安心ください)。
シートを「~csv」出力すると、すぐ、その「~csv」ファイルを開き、一気に全部読み込み、一括置換などを活用し、「20180701,a,b,c,・・・」という形にして、ドラッグ&ドロップしたファイルと同じフォルダ内に「Mergecsv」というファイルに書き出しています。
この「Mergecsv」を「アクセス」で読み込まれてはどうでしょうか?
本当は、1つの「csv」ファイルの処理が済めば、そのファイルを削除する処理を書いたのですが、エクセルを開いていると、削除できなかったので、すべてのシートの処理が済んで、エクセルブックを閉じてから、作成した「~csv」ファイルをすべて削除しています。
以下のプログラムを、メモ帳かテキストエディタに貼り付け、「~vbs」という名前で保存してください。
「~」の部分は、何でもかまいませんが、「vbs」の部分は、必ず、半角です。
できたプログラムファイル(「~vbs」ファイル)に、これから処理したい「xlsx」ファイルを1つだけ、ドラッグ&ドロップしてください。
最後に「Finished!」と表示しますので、「OK」を押して、終了してください。
Option Explicit
Dim a, bk, c, cr, cv, ex, f, i, m, n, sh, so, wa, x()
Set so = CreateObject(“ScriptingFileSystemObject”)
Set wa = WScriptArguments
If waCount <> 1 or LCase(soGetExtensionName(wa(0))) <> “xlsx” Then
MsgBox(“ドラッグ&ドロップできるのは、xlsxファイル1つだけです”)
WScriptQuit
End If
f = soGetParentFolderName(wa(0))
Set ex = CreateObject(“ExcelApplication”)
exApplicationDisplayAlerts = False
exVisible = False
Set bk = exWorkbooksOpen(wa(0))
Set cr = soOpenTextFile(f & “\Mergecsv”, 2, True)
c = – 1
For Each sh In bkWorksheets
m = shName
If Len(m) = 8 Then
m = Left(m, 4) & “/” & Mid(m, 5, 2) & “/” & Right(m, 2)
If IsDate(m) = True Then
n = shName & “csv”
c = c + 1
ReDim Preserve x(c)
x(c) = f & “\” & n
shSaveAs x(c), 6
Set cv = soOpenTextFile(x(c), 1)
a = cvReadAll
cvClose
Set cv = Nothing
a = shName & “,” & a
a = Replace(a, vbCrLf, vbCrLf & shName & “,”)
crWrite Left(a, Len(a) – Len(shName) – 1)
End If
End If
Next
crClose
bkClose
exQuit
Set bk = Nothing
Set ex = Nothing
Set cr = Nothing
For i = 0 to c
soDeleteFile x(i), True
Next
Set wa = Nothing
Set so = Nothing
MsgBox(“Finished!”)
簡単な説明です。
Option Explicit
「厳密に」というような意味ですが、気にしないでください。
Set so = CreateObject(“ScriptingFileSystemObject”)
ファイルやフォルダを扱えるようにしていますが、今回は特に、「csv」というテキストファイルを扱うのにも必要です。
Set wa = WScriptArguments
If waCount <> 1 or LCase(soGetExtensionName(wa(0))) <> “xlsx” Then
MsgBox(“ドラッグ&ドロップできるのは、xlsxファイル1つだけです”)
WScriptQuit
End If
ドラッグ&ドロップされるのを待っていて、ドラッグ&ドロップされると、その数や拡張子を調べ、想定外なら、メッセージを表示して、プログラムそのものを終了しています。
f = soGetParentFolderName(wa(0))
ドラッグ&ドロップされたファイルが存在するフォルダを調べています。
Set ex = CreateObject(“ExcelApplication”)
エクセルを扱えるようにしています。
exApplicationDisplayAlerts = False
exVisible = False
「上書きしますか?」などと聞いてこないように、また、エクセルを表示しません。
Set bk = exWorkbooksOpen(wa(0))
ドラッグ&ドロップしたファイルを開いています。
Set cr = soOpenTextFile(f & “\Mergecsv”, 2, True)
ドラッグ&ドロップされたファイルと同じフォルダ内に「Mergecsv」というファイルを「書き込み専用」で新規作成しています。
c = – 1
ファイルカウント用変数の初期化。
For Each sh In bkWorksheets
ドラッグ&ドロップされたブックのすべてのシートを1つずつ処理。
m = shName
「m」にシート名を入れています。
If Len(m) = 8 Then
もし、そのシート名が8文字なら、
m = Left(m, 4) & “/” & Mid(m, 5, 2) & “/” & Right(m, 2)
「2018/07/01」という形を作成しています。
If IsDate(m) = True Then
そのデータが日付として評価できれば、
n = shName & “csv”
「n」に「シート名csv」という名前を作成していて代入しています。
c = c + 1
1つカウント。
ReDim Preserve x(c)
配列変数を用意。
x(c) = f & “\” & n
フォルダ+ファイル名を配列変数「x」に格納しています。
shSaveAs x(c), 6
「csv」ファイルとして、保存しています。
Set cv = soOpenTextFile(x(c), 1)
今、保存した「csv」ファイルを「読み込み専用」で開いています。
a = cvReadAll
一気に、全部、読み込んでいます。
cvClose
Set cv = Nothing
閉じています。
a = shName & “,” & a
今の「csv」ファイルの1行目の頭に「シート名」+「,」を書き込んでいます。
a = Replace(a, vbCrLf, vbCrLf & shName & “,”)
a,b,c
d,e,f
x,y,z
だとした場合に、改行を「シート名+改行+,」に置換しています。
結果は、
a,b,c
20180701,d,e,f
20180701,x,y,z
20180701,
となります。
もちろん「abc」の1行目は、最初に「20180701,」を書き込んでいますので、
20180701,a,b,c
20180701,d,e,f
20180701,x,y,z
20180701,
となっています。
最後の「20180701,」が多いので、書き込む際に
crWrite Left(a, Len(a) – Len(shName) – 1)
として、最後の「20180701,」を除外しています。
End If
End If
Next
を、シートの数だけ繰り返しています。
crClose
「Mergecsv」ファイルを閉じています。
bkClose
exQuit
ドラッグ&ドロップしたファイルを閉じ、エクセルそのものを終了しています。
Set bk = Nothing
Set ex = Nothing
Set cr = Nothing
「Set ~」で使った変数は、「Nothing」で解放しておきます。
For i = 0 to c
soDeleteFile x(i), True
Next
作成した「~csv」ファイルを削除しています。
Set wa = Nothing
Set so = Nothing
MsgBox(“Finished!”)
あとは、終了処理で、最後に「Finished!」と表示しています。
◆一シート4000行×400シートとしても、160万行になります。
最新バージョンのExcelのシート行数は100万行程度ですので、入りきりません。
ということを、既に kik********さん が指摘なさっています。
私もAccessに移行する事をお勧めします。^d^
◆> accessで集計しやすくなるかと思いますが、他に何か良いやり方が
access が視野にあるのであれば、データすべてを access へ
シート数 400 各行数 4000 ~ 5000
これは1シートでは無理?
access であれば、適宜インデックス構築すれば格段に速く・・・・
現シートを access からアクセスしても、
・インデックスが無い
・汎用的な処理が access に含まれる
・・・等々あり、
前回、回答した専用処理のものより速くなるとは思えない
うそかも・・・
私は結構 Dictionary を使いますが、インデックス構築・・・とでも
access が使えるのであれば access で・・・
と、回答しながら常に思ってます
access であれば簡単にできるのに・・・・
access 内部の処理? 各自 Excel で構築・・・・
スキルも様々で、どこか無理があると思います
※ Excel で処理した方が楽?・・・は、あって
前後関係は Excel の方が楽かと・・・・
うそかも・・・


質問タグ:sh.Name,so.OpenTextFile,シート,フィルター,so.DeleteFile x,cr.Write Left,関数

コメント