戦勇。

【究極】前田慶次は強いのですか?

投稿日:

【究極】前田慶次は強いのですか?

前田慶次は強いのですか?

前田慶次は強いのですか?

アンサー

強かった可能性の方が高いと思いますよ。武将の武勇伝とかは後世の史料による二次史料による物が多いかと思います。(否定も鵜呑みにも出来ないと言った物かと思いますね)
因みに、二次史料なら慶次も立派な猛将扱いです。
①畑谷城の合戦で首級28を取る(出典:関ヶ原軍記大成)
②長谷堂の退却戦で「前田慶次利貞槍をとって敵を突き崩す」と上杉家の正史に記される。(出典:上杉家御年譜)
③武勇の場数人の越えたる人なり(出典:桑華字苑)
④心逞しく猛将たりorあまつさえ戦を好む(出典:前田慶次殿伝 慶次の従者の慶次の評価です。従者の証言なのでこれが一番信憑性あるかな?遺書の内容は高齢ゆえのせいか間違いはありますが・・)
⑤驍勇な武将として知られていた(出典:本藩歴譜)
等々です。
↑これらは、二次史料での評価ですが、二次史料に出てくる。「連歌等の教養に優れていた」と言う慶次の評価は、今福匡氏の著書:「前田慶次 武家文人の謎と生涯」と言う研究書で連歌会の記録から明らかにしました。つまり、二次史料とは言え前田慶次の評価にはある程度の事実が含まれていた事になるかと思います。因みに、連歌会の記録だけでなく、亀岡文殊奉納での歌会で和歌の衆として参加しており5首詠んでいます(参加者21名中最高で、他に5首詠んでいるのは、五名だけ)武勇の評価も否定は出来ないとおもいますね。
あと、甲冑の専門家曰く前田慶次伝来として伝わる非公開の甲冑は、有名な宮坂考古館の甲冑と比べ、伝統的な仕様になっているのと甲冑全体が朱塗なのを考えて皆朱槍同様普通の侍では使用できないだろうと指摘しています。もう一つ泉鏡花が旧蔵していた慶次伝来の全体がほぼ朱塗の朱具足が、存在しています。これも普通の侍では使用が出来ないそうです。(参考:上杉謙信・景勝と家中の武装)
因みに、朱と言うのは、奈良・平安時代には、皇帝の色として伝えられ平安時代の史料の延喜式にも「親王から三位は朱漆器、四位・五位は黒白漆器」と記されています。
↑このような朱=格式が高いと言う認識は、戦国時代にも受け継がれたと思います。室町時代末期から安土桃山時代に大量の辰砂が輸入されたにも関わらず、朱塗りの甲冑は、ごく一部の武将に限られたそうです。(参考:すぐわかる日本の甲冑武具 監修:笹間良彦 執筆:棟方武城)甲冑の大半が朱塗の甲冑と言うのは、当時の人間の認識的にも視覚的にも目立つと思いますから、それ相応の武勇の持ち主か権威ある人じゃないと使用が出来ないと思いますね。
最後に、武将の個人的な武勇に関してその手の専門家が「あった」と判断される武将と言うのは少ないと思います。慶次は甲冑と言う資料の方面からはそれ相応の武勇があったと推測されていますが、史料の面では断言できないと言った所でしょうか・・(しかし、教養に優れていて当時の一流の文化人達と交流していたのは、今福匡氏が明らかにしました。)
◆追記
逆に弱かったという方は、故地が大和の大和説を持ち出して年齢を持ち出したりします。長谷堂の撤退戦の時は、60を超えていてそんな老人が強いわけないという方がたまにいます。
しかし、こう言った方は、大和説の元である野崎の遺書を採用する割には、野崎の慶次の評価を完全に無視します。(心逞しく猛将たりorあまつさえ戦を好む)慶次に限らず、伊達家の鬼庭良直や水原親憲は70超えて陣頭指揮した事例があります。
と言うか・・慶次の年齢に関しては大和説が正しいと決まった訳じゃないんですけどね・・


質問タグ:前田慶次,甲冑,今福匡氏,朱塗り,武勇

【知っトク】あるアニメのEDを探しています。 数年~十年ぐらい前かもしれません。...

あるアニメのEDを探しています。 数年~十年ぐらい前かもしれません。...

あるアニメのEDを探しています。
数年~十年ぐらい前かもしれません。普通のファンタジーアニメで、エンディングがファミコン風のドット絵のものでした。 深夜にテレビで偶然見て、何のアニメかが心にひっかかっているので、もしご存知の方がいらっしゃればお願いします。
他の情報になりますが、ある大穴? か何かで、崩壊する木(うろ覚えです…)の側で主人公とその敵が対峙していました。
メガネキャラクターとその精霊みたいな存在が味方にいたのですが、関西弁を使っていた気がします。

夏のあらし春夏冬中の乙女の順序だと思うのですが

-戦勇。
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© アニメ百選 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.