FREEDOM

【2018年度】今更ですが、日テレで以前「知ってるつもり」という番組をやっており...

投稿日:

【2018年度】今更ですが、日テレで以前「知ってるつもり」という番組をやっており...

今更ですが、日テレで以前「知ってるつもり」という番組をやっており...

今更ですが、日テレで以前「知ってるつもり」という番組をやっており、ダグラス・マッカーサーが特集されてました。 その中で、昭和26(1951)年5月、アメリカ上院の軍事外交合同委員会での演説が紹介されていましたが、内容は「老兵は死なず、ただ消え去るのみ」の部分だけで「日本の戦争は自衛戦争であった」とか「アメリカが過去100年に太平洋で犯した最大の政治的過ちは、
共産主義者が支那において勢力を増大して行くのを黙過してしまったことである」など日本にとって重要な発言には一切触れられていません。なぜでしょうか?

アンサー

既に他の方の回答にもあるとおり、「老兵は死なず、ただ消え去るのみ」に主なご興味があるのならば、それは1951年5月のアメリカ上院の軍事外交合同委員会じゃないはずですが、マッカーサーは「日本の戦争は自衛戦争であった」といった、ってな事を主張する人の元ネタになっているものであれば、1951年5月の米上院軍事外交合同委員会でのマッカーサーの(演説ではなく)証言です。
その証言の該当部分は、米国の大学が集まって運営しているデジタル図書館のようなもの(ハーティトラスト)のWEBの↓の頁で読めます。
s://babelhathitrustorg/cgi/pt?id=uc1$b643205;view=1up;seq=67
(尚、ご覧頂けばわかるように、このファイルは「Military situation in the Far East pt 1」であって、全体はもっと長いです。)
この部分でのマッカーサーの発言の要旨は、
・日本人は勤勉である
・ところが、日本にはカイコ以外の資源が何もない
・それ以外の資源は全てアジア近海にあった
・日本は、アジア近海からの補給を遮断されて1千万~1千2百万人の失業者が出る事を恐れた
・したがって、日本が開戦に踏み切ったのは、主に「security」が決定要因となっての事である
・アジア近海を占領し、我々にとってそれを取り返す為の損失が莫大であるが故に、我々が最終的には「日本が占領した地域での資源をコントロールすることを許すだろう」というのが日本の戦略の概念だった
・我々が日本の補給路を断ったので、日本は(少なくとも)3百万人の地上部隊を持ったまま武器を置いた
…って事です。史実としては、日本は米国及び蘭印(現インドネシア)から石油の全面禁輸を受けてから約4ヶ月後に真珠湾攻撃を実施したので、「アジア近海からの補給を遮断される」事を《恐れた》のではないし、そもそも「大量の失業者を恐れて日本が戦争に踏み切った」とかいうマッカーサーの主張自体「相当イカガなものか」とは思う訳ですが、いずれにせよ『マッカーサーは「日本の戦争は自衛戦争であった」と言った』ってな話は、マッカーサー証言の中のsecurityを自衛と訳す事で成り立っています。
ご存知と思いますが、戦争が自衛かそうでないかは、人間で言えば正当防衛かそうでないかに相当する、『合法か否か』という概念を含むものです。
securityの意味をMerriam Websterでひくと以下のように出ています。(↓)
s://wwwmerriam-webstercom/dictionary/security
~~
1: the quality or state of being secure: such as
a : freedom from danger : safety
b : freedom from fear or anxiety
c : freedom from the prospect of being laid off job security
2a : something given, deposited, or pledged to make certain the fulfillment of an obligation
b : surety
3: an instrument of investment in the form of a document (such as a stock certificate or bond) providing evidence of its ownership
4a : something that secures : protection
b (1) : measures taken to guard against espionage or sabotage, crime, attack, or escape
(2) : an organization or department whose task is security
~~
マッカーサー証言のsecurityは、上記の1の意味であるのは言うまでもありません。要するに“不安・心配が無い。安全・安定している”って意味であって、(不当に対する)正当、(不法に対する)合法、なんてニュアンスはsecurityにはありません。
例えば、↓のページでイスラム国(ISIS)に関する文が読めますが…
://theodysseyonlinecom/dayton/isis-recruitment-social-media/22
この中で、
『While this goal is honorable, security specialists are nervous that the attempts to take down their encrypted communicators might only strengthen ISIS's security defenses』
とイスラム国についてもsecurityを使っています。が、これは「イスラム国の活動が正当な自衛である」という意味では決してないのは、全体をお読み頂ければわかると思います。
つまり、英語のsecurityに「(不当に対する)正当、(不法に対する)合法」というニュアンスが無い以上、マッカーサー証言のこの部分を聞いていた上院議員が「マッカーサーは“日本の戦争は自衛戦争であった”と言った」と解釈する筈が無いし、マッカーサーが“日本の戦争は自衛戦争であった”と言いたかったのにこういう表現をした筈も無い(マッカーサーにその程度の英語能力が無かった、なんていくらなんでもムチャクチャな想定だから)、英文解釈としては単にそれだけの話です。
ついでに言えば、マッカーサー証言のこの部分は、共和党のヒッケンルーパー上院議員が「あなたの共産中国封鎖の戦略は、日本に対して行ったものと同じですよね?」と話をふったのを受けてのものです。ご存知と思いますが、トルーマン大統領は民主党です。つまり、マッカーサーに解任の不当性をアピールするチャンス(=共和党にとっては、民主党のトルーマン大統領の評価を下げるチャンス)をヒッケンルーパーは作った、って事です。だから、マッカーサーは自分が中国に対してとろうとしていた戦略は、太平洋戦争で日本に勝利したものと同じである、と主張した訳ですね。(つまり、自分は正しい事を言ったのに不当にも解任されたのだ、という含意)
もしここで、マッカーサーが「日本の軍事行動は正当な自衛行動だった」なんてニュアンスを含めて語ったのだったら、マッカーサーは「太平洋戦争で日本を不当にもやっつけるのに成功した”陰謀”を、中国にもやってやろうぜって提案したのに、トルーマンはそれを採用しなかったのだ」と言った事になってしまいます。自分の正当性=解任の不当性をアピールしようって言う場で、まさかねぇ、ですよね…
また、ハーティトラストで見られるこの資料の中に振られているページ数で、P43では、民主党のグリーン議員が「中国への陸上部隊の派遣が必要とは思わないか」と聞いたのに対し、マッカーサーが「そんな事は考えるだけでバカだ」と否定し、更にグリーン議員が「日本は海・空に加え陸上部隊も送ったのに、今よりも装備が貧弱だった中国は抵抗に成功したが?」と問いかけたのに対し、マッカーサーは日中戦争の時と自分の考えは目的自体が違うと言おうとして、日本の目的を「The objective of Japan was to conquer, occupy, control and exploit all of China 」つまり、(中国全土の)「征服、占領、支配、搾取」と言っています。
要するに、「太平洋戦争は侵略国日本をやっつけたもの」という当時も今も米国の公式見解と同じものをマッカーサーはこの証言で語っていた、という事です。
P311では、マッカーサーは日本の占領統治を「A great social revolution」と呼び、マグナカルタやフランス革命にも比較しうるもの、とも言っています。勿論、これはマッカーサーの自画自賛ですが、マッカーサーが「日本の戦争は自衛戦争だ」と言ってしまったら、そもそも占領統治自体が不当なもの、って事になりますね。自画自賛しようというしているのに、一体何なんだ?、ってな話ですよね…
要するに、securityという言葉自体に(不法に対する)合法というニュアンスがない以上、マッカーサーは「日本の戦争は自衛戦争であった」とは言っていない、ってだけではなく、それ以外の部分からすると、マッカーサーは当時の(今も)米国の一般的な認識である「米国は太平洋戦争で侵略国日本を負かした」という認識を持っていた、と考えざるを得ません。
それを、securityを無理矢理「自衛」に訳して、それ以外の部分は見事なまでに無視して、マッカーサーは「日本の戦争は自衛戦争であった」と言った、ってな話を捏造する輩が世間にはいる、ってだけの事です。
だいたい、(事実とは逆だが)仮にマッカーサーがそう思っていたとしても、自分の解任の不当性を主張する為の絶好のチャンスでそんな発言をすると思えるところからして信じがたい、というか、自分の好む結論になるなら、そんな事はどうでも良いヤカラなんでしょうね、その手の主張をする連中は・・・
◆「老兵は死なず、、、」の演説はまた別だ。それは帰国直後、昭和26年4月19日、上下院合同議会に招待された時のスピーチ。
そして5月の上院軍事外交委員会での証言では「日本の戦争は自衛戦争であった」とは言わなかった。英語の苦手なネトウヨが勝手に解釈してそう言っているだけだ。
ただし中共の影響拡大については色々な場所で証言している。


質問タグ:マッカーサー,イスラム国,老兵,ダグラス・マッカーサー,ヒッケンルーパー,共産主義者,軍事外交合同委員会

【7選】ばくおん!!の質問です 千雨の母親でバイク部OGのアキナが 今乗って...

ばくおん!!の質問です 千雨の母親でバイク部OGのアキナが 今乗って...

ばくおん!!の質問です
千雨の母親でバイク部OGのアキナが
今乗ってるバイクを知ってるかたいますか?
僕の予想はカワサキZX-10Rかなと
思いますがどうなんでしょう?

アプリリア・RSV4じゃなかったですかね。

-FREEDOM
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© アニメ百選 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.