オオカミ少女と黒王子

【!】何でも良いからアニメを教えて下さい。 (最低5作品以上でお願いしま...

投稿日:

【!】何でも良いからアニメを教えて下さい。 (最低5作品以上でお願いしま...

何でも良いからアニメを教えて下さい。 (最低5作品以上でお願いしま...

何でも良いからアニメを教えて下さい。
(最低5作品以上でお願いします)

アンサー

【バトルとかファンタジー系】
SAO
GGO
このすば
IS
フェアリーテイル
神様はじめましたとかとか
【恋愛】や【学園】
TARITARI
ラブライブ
アイカツ
うたプリ
魔法科高校の劣等生
うまるちゃん
半田くん
君に届け
好きっていいなよ
オオカミ少女と黒王子とかとか
【働く系】
WWWWORKING!!
フレンドS
ごちうさ
NEW GAME!!
花咲くいろは【ダントツ】
とかとか
ですね!
私は花咲くいろはが一番好きです!この上には書いてませんが、ガルパンやバンドりや月刊少女野崎くんやソーマなども大好きです!
◆①凪のあすから
②アルドノアゼロ
③絶園のテンペスト
④ラブライブ!
⑤残響のテロル
⑥やはり俺の青春ラブコメは間違っている
⑦Fate/stay night[UBW]
⑧響け!ユーフォニアム
⑨終わりのセラフ
⑩ヴァイオレット・エヴァーガーデン
が好きです
◆://blogsyahoocojp/uzassy/14346688html
私が書いたオススメのアニメ一覧です。
◆幽遊白書
Dr スランプアラレちゃん
ドラゴンボール
ドラゴンボール改
YAWARA!
僕だけがいない街
メルヘヴン
斉木楠雄のΨ難
秘密結社鷹の爪
ヒナまつり
七人のナナ
幸せ荘のおこじょさん
うちの3姉妹
City Hunter
ルパン三世part2


質問タグ:ラブライブ,花咲くいろは,アルドノア・ゼロ,うまるちゃん,スランプ アラレ,オコジョ,ガールズ&パンツァー

【最新】業火の向日葵ってなんであんな酷評されてるんですか?逆にコナン映画...

業火の向日葵ってなんであんな酷評されてるんですか?逆にコナン映画...

業火の向日葵ってなんであんな酷評されてるんですか?逆にコナン映画で1番よかった作品はなんですか?

アンサー

名探偵コナン関連_業火の向日葵_
またかw
第19作目「業火の向日葵」
監督:静野孔文氏 脚本:櫻井武晴氏
◆題材・宣伝物
飛行機パニック×怪盗キッドでは尺が収まらない上、まるで第8作目「銀翼の奇術師」の二番煎じのような作品となってしまうため、ゴッホの「ひまわり」を持ってきたアートミステリーという櫻井氏のアイディアは斬新でとても良い。「絶海の探偵」同様、脚本が櫻井氏ということに加え、予告編やティザーポスター、ビジュアルポスター、キャッチコピー「お前に解けるか…この芸術が!!」というものからもしっかりとテーマ性を持った、第12作目「戦慄の楽譜」を超える芸術ミステリーになることが予測できる。タイトル「業火の向日葵」も、二度も業火に包まれた「ひまわり」を表現していて、とても良いように思える。
宣伝物における唯一の減点対象物は特報及び特報2であろう。本編同様、美術は素晴らしいが作画が安定していない上、キッドのわけのわからない行動、さらには「It‘s show time!」のイントネーションの不自然さなど、あまり惹かれるものではないことは確か。
◆脚本
文章を書く必要性すら感じられないほどの酷いストーリー。櫻井氏の脚本を改竄する権限は静野監督にもあるし、静野監督の他にもアニメ界では脚本を完全に無視したコンテを切る監督だってたくさんいるので「改竄した」というだけの事実に関しては別に問題視する気は特にない。問題は脚本を改竄してしまったことで、元の脚本よりかも改善が見られるどころか、青山剛昌氏の案であるトリックが使われた殺人事件丸々一つ消し去ったり、動機のシーンや暗号解読のシーンを大幅にカットしたりなどのアートミステリーとしての破綻を遥かに超え、完全にストーリーが破綻してわけのわからない脚本と化してしまったことである。結果、櫻井氏が公式本等で明らかに不満を述べるのはさすがに異常事態と言っ てもいいのではないだろうか。一応、櫻井氏の脚本は作品内に2割は残されているようだが、正直言ってこの作品はストーリー面などの、本来は脚本という類で評価していく部分で高評価できるものが何一つとして見当たらない。
構成面においての問題点を挙げていったらキリがないと本気で思っている。そもそも怪盗キッドの行動原理が謎であり、根底から問題があったようにも思える。アートミステリーとしても、雑すぎてわけのわからない第一の暗号の解読、第一の暗号と同じく明らかに説明不足な第二の暗号、宮台なつみのわけのわからない犯行動機やパソコンのデータを見せると言われただけでいきなり豹変して犯行を認める意味不明な展開など、アートミステリーのアの字すら感じられないものだらけ。また、仮面ヤイバーの形にスイカが割れるという意味不明なマシーンやエンジンが一基トラブルを起こした程度で尺を使いまくる飛行機パニック(おまけに「銀翼の奇術師」に飛行機アクションを超えてすらいない、なんとも 中途半端なシーン)、ラストの「沈黙の15分」の二番煎じのような展開など 、明らかに尺の無駄と言えるシーンが多々あるという点。あとの二つに関しては演出の問題もあるが、そもそもこんなシーンに長々と尺を使った構成に問題があると言わざるを得ない。アートミステリーとしての問題の3つ以外にも明らかに説明不足・掘り下げ不足なチャーリーの銃刀法違反を犯した急な違法捜査(そもそも電話相手のマークとは一体どこの誰やら)や唐突に東の口から出た武者小路、東とその兄との何の深みもつながりもないエピソード、などがある。キッドが博士のチケットを盗んだところでメリットなんてありゃしないのにも関わらず、エンディング後で繰り広げられた博士のチケットが盗まれていたという理解不能なオチや、館長がウメノを呼ばなければどう「ひまわり」を見せる気だった のかという脚本の穴、セキュリティの説明に尺を物凄く使っておきながら持ち込み品のチェックすらしないセキュリティの甘さも理解不能。…さらにTVアニメシリーズ219話での寺井の61歳という年齢設定を完全に無視した寺井とウメノ、東の第二次世界大戦でのエピソードと後藤の声を出すという完全に原作矛盾を働いた寺井の行動という未だかつてない過去作品との(前者はTVアニメ)矛盾を働いた二つのエピソードはさすがに目を瞑れない。この寺井とのエピソードをコナンは完全に聞いたわけではないので、キッドがなぜここまでして「ひまわり」を守ろうとしたのかという点が最後まで主人公にわからされていないのは致命的。エンジン付きではないハンググライダーで、あの低気圧の中、落石を避けながら 飛行するキッドのアクションは演出ともに意味不明。ストーリー面以外にも、上記の通りアクションを重視しすぎたあまり、ゲストキャラクターの描写や扱いなどがあまりに雑という欠点も ある。例えば七人の侍の中の石嶺などは一体何のために出てきたのかなどは、作品を見ただけでは、暗号と「七人の侍」のパロディのための数合わせにしか思えないのだ。
本作品は「名探偵コナン」としてでなく、「まじっく快斗1412」としてならまだ良かったなどの意見もあるが、上記の問題点より、どんな映画として見ても「意味不明」の連続であるこの映画のストーリーのクオリティの低さは許し難い。
◆映像
ここに関して触れる人間はとても少ないように思うが、この映画での数少ないの褒めどころ…というかこの映画における唯一の確立した褒めどころは間違えなく美術である。ゴッホの「ひまわり」をできるだけ似せていく一方で、他の背景美術にも力をいつも以上に入れている、と、渋谷美術監督の劇場版名探偵コナン最終作品として、美術面だけは上手くいったように思う。他にも、キャラクターデザインも上手くいったように思える。無駄にゾロゾロと登場した人物も、全員がそれぞれの特徴を持ったビジュアルなので、まだわかりやくなっている。それから最後にオープニング映像も、「絶海の探偵」や「異次元の狙撃手」ほどではないが、相変わらずの素晴らしさではあった。
問題はそれ以外全て。まず、「絶海の探偵」同様、絵コンテの画面構図、及び作画のクオリティが著しく低い。作画監督に関してはいつも通りの清水義治氏、野武洋行氏、 堀内博之氏、などに加え、TVアニメシリーズより広中千恵美氏とかわむらあきお氏ら総勢八名に加え、作画監督補に山中純子氏、岩井伸之氏、福永智子氏、佐々木恵子氏、大島美和氏など、こちらも総勢八名という圧倒的多さから、おそらく現場の状況がかなりきつかったのではないかということが伺える。それにしても、細かい引き絵の作画ミス等ならまだしも、終盤の蘭の見せ場でのキャラクターデザインとはかけ離れた、あの作画崩壊はさすがに見過ごせない。「異次元の狙撃手」を見る限り、かなりレベルアップしたかに思えた絵コンテもまた、「絶海の探偵」並みの酷さに後戻り。序盤のキッドのアクション演出は素晴らしいという意見もあり、確かにそれは認めるが、警官を明らかに傷つけたように見える描写を入れたりなど、演出のクオリティ 以前にそのキャラ崩壊的行動原理が減点対象にあたるため、序盤のキッドのアクション演出シーンすら良いとは言えない。おまけに絵コンテも不自然すぎて、はっきり言って何をやっているのかわからない状態。終盤のレイクロックでのアクション演出・「沈黙の15分」よりもさらに酷い劣化版のような演出はもはや論外。序盤に「ひまわり」を紹介するシーンや、宮台が新一の推理を聞きキレるシーンの演出も、一つ一つの演出が過剰すぎて非常に見にくい。テンポをあげるためか、この映画の場面切り替えもさすがに高速すぎて違和感が生じる。色彩設計も加藤里恵氏から中尾聡子に代わったことにより、例えば次郎吉や侍たちが部屋に集まったシーン(探偵団がひまわり展に行きたいと強請るシーンや、次郎吉が殺人未遂の被害にあったシーン)での色彩設計・仕上げが異様に明るく、目に悪い上かなり不自然(同じようなものが「から紅の恋歌」においても見られる)。それから、題材的に仕方ないことではあるが、エンディングの映像がひまわりをひたすら 見せてくるだけで飽きてくる。
◆声優
大川透氏などの名演技がもはや台無しになったと言っていいほど、今回のゲスト声優の演技は酷かった。榮倉奈々氏は「11人目のストライカー」とは違い、犯人というとても重要な役柄を任されているにも関わらず、この演技力はさすがに言葉も出ない。
◆音楽
音響効果などには特に違和感はなく、「コナンvsダークキッド」や「ひまわりの哀歌」など、オリジナルサウンドトラックは基本的に良曲が揃っていて、BGMで違和感を覚えたシーンは特にないが、逆に印象に残るものも特にない。主題歌「オー!リバル」の曲調はこのアクション映画と化した本作とはあっていたが、歌詞はキッドとコナンとの関係性を描いているかと思いきやそんなこともなかったのが非常に残念。
◆総合
静野監督が改竄したストーリーだけでなく、ゲスト声優、作画、色彩設計、演出等々の問題点もあるため、確立して褒められる点がほとんどない。原作矛盾の度合いと数などから、山本監督がやっていたところで傑作クラスになっていたかと聞かれれば首をかしげるが、間違えなく静野監督には不向きな題材であったため、彼だけにはやらせるべきではなかったと断言できる。櫻井氏と静野監督との相性の悪さが完全に表に出た、歴代最低駄作である。
いい点、悪い点の両方を書き出した僕なりの感想文です。暇潰しにでも読んでください(日本語がち下手ですがw)
最高傑作は
第04作目「瞳の中の暗殺者」
監督:こだま兼嗣氏 脚本:古内一成氏
s://mchiebukuroyahoocojp/detail/q12190874277
◆人は人、自分は自分で良いんですよ。
◆犯人の動機かな


質問タグ:かわむらあきお,櫻井,広中千恵美,佐々木恵子,堀内博之,業火,ひまわり

【知らないと損】アニメについての質問です。 いつか見たアニメで、牢獄の中で2人が選...

アニメについての質問です。 いつか見たアニメで、牢獄の中で2人が選...

アニメについての質問です。
いつか見たアニメで、牢獄の中で2人が選ばれ、
「その2人で殺し合いをし、勝った方は牢獄から出られる」
と言われてお互いに戦うシーンがあったのですが、
なんという名のアニメだったか忘れ てしまいました。
選ばれる時は、大きな機械の蛇みたいなやつに吸い取られていたような気がします。
どなたか教えて下さい!

アンサー

『デッドマンワンダーランド』でしょうか?
間違っていたらすみませんm(__)m
◆うーん、それではなかったと思います、、、
回答していただきありがとうございます^_^


質問タグ:牢獄,アニメ,デッドマンワンダーランド,シーン,機械,蛇

【必勝!】現在でのスーパー戦隊の数は251名何でしょうか?教えて下さい。

現在でのスーパー戦隊の数は251名何でしょうか?教えて下さい。

現在でのスーパー戦隊の数は251名何でしょうか?教えて下さい。

アンサー

別の質問(あなたのではない。)で回答しましたが、ニンジャマン、シグナルマン、デカマスターなど特殊な戦士を除くと(ゴセイナイト、黒騎士ヒュウガはカウント。)ゴレンジャーからパトレンジャー&ルパンレンジャーまでの戦士は計215名です。そして特撮常連声優の、
飯塚昭三さん(忍たま乱太郎の冷田八方斎、ドラゴンボールのナッパ&ハッチャン、スティッチのジャンバ、プラネテスの星野ゴロー)※ハカイダー&ドンホラーも兼任。
松野太紀さん(金田一の金田一一、ぢべたぐらしあひるの生活のあひる、スポンジボブのスポンジボブ、フレッシュプリキュアのタルト)※シュリケンジャー&呪士ピエール&キグナス・ゾディアーツも兼任。
関智一さん(ガンダムのドモン&イザーク&トマーシュ、ドラえもんの骨川スネ夫、のだめカンダービレの千秋真一、妖怪ウォッチのウィスパー)※ビビデビ&アントポッパーイマジン(キリギリス)&ブルトンド&モバイレーツも兼任。
てらそままさきさん(ファスナーのイアン・カンプ、バルトのバルト、ナルトの飛段、SAMURAI7のカンベエ)※キンタロス&シャドームーンも兼任。
三宅健太さん(隠密大戦記の白虎のランゲツ、ジョジョのアヴドゥル、バッカーノのベルガ、オーバーロードのコキュース)※クエスター・ガイ&地のエル役。
辻村真人さん(忍たま乱太郎の学園長、アークザラッドのコーゲン、ライジンオーのタイダー、ガンバの冒険の又兵衛)※初代仮面ライダーのかまきり男。
大友龍三郎さん(グルグルの魔王ギリ、ワンピースのクロコダイル、ドラゴンボールのダーブラ&閻魔大王&牛魔王&神龍、東京喰種の黒磐巌)※アーマードダークネス。
立木文彦さん(名探偵コナンのウォッカ、ウェブダイバーのデリトロス、ジェイデッカーのシャドウ丸、銀魂の長谷川泰三)※仮面ライダーWのナレーション。
中田譲治さん(ケロロ軍曹のギロロ伍長、戦勇。のシュールドルフ、ぬらりひょんの孫の牛鬼、天空のエスカローネのフォルケン)※大教授ビアスも兼任。
柴田秀勝さん(鋼の錬金術師のブラッドレイ、牙狼のギース・ハワード、マギのアモン、水戸黄門のナレーション)※ジェネラルシャドウも兼任。
梁田清之さん(SLAMDANKの赤木剛憲、爆れつハンターのガトー、銀河機功隊マジェンスティックプリンスのガルキエ、名探偵コナンのアンドレ・キャメル)※水のエル&ヨゴシュタイン&レンゲル役。
稲田徹さん(特捜戦隊デカレンジャーのドギー、ジパングの角松洋介、ターンAガンダムのハリー、BLEACHの狛村左陣)※コスモス&1号&レジェンド&デスコーピオン。
佐藤正治さん(ドラゴンボール改の亀仙人、SLAMDANKの高頭力&鉄男、キン肉マンのバッファローマン&サンシャイン&イワオ、ムシキングのアダー)※キリエロイド。
池水通洋さん(ドラゴンボールのアックマン、うる星やつらの温泉マーク、宇宙戦艦ヤマトの薮助治、元祖天才バカボンのウナギイヌ)※月光仮面&1号役。
の他にも、
戸松遥さん(妖怪ウォッチのケータ、プリキュアの氷川いおな/キュアフォーチュン、あの日見た花の名前を僕たちは知らないの安城鳴子、toLOVEるのララ)
田中真弓さん(ドラゴンボールのクリリン&ヤジロベー、ワンピースのルフィ、忍たま乱太郎のきり丸、うる星やつらの竜之介)
松岡由貴さん(BLEACHの井上織姫、あずまんが大王の春日歩、おジャ魔女どれみの妹尾あいこ、エルフェンフリートのナナ)
野沢雅子さん(ゲゲゲの鬼太郎の鬼太郎、ワンピースのDrくれは、ガンバの冒険のガンバ、ドラゴンボールの孫悟空&悟飯&悟天)
星野充昭さん(ハイキューの入畑伸照、0080ガンダムのアンディ、ワンピースのマゼラン、ジェイデッカーのダンプソン)
草尾毅さん(ドラゴンボールのトランクス、SLAMDANKの桜木花道、プリキュアシリーズのココ&フリーズン、ケロロ軍曹のドロロ)※スモーキーも兼任。
堀川りょう(亮)さん(名探偵コナンの服部平次、銀河英雄伝説のラインハルト、0083ガンダムのコウ・ウラキ、ドラゴンボールのベジータ)
水樹奈々さん(リリカルなのはのフェイト、ハートキャッチプリキュアの花咲つぼみ/キュアブロッサム、ナルトの日向ヒナタ、鋼の錬金術師のラース)
平田広明さん(ワンピースのサンジ、魍魎の匣の京極堂、タイガー&バニーの鏑木・T・虎徹、デジモンアドベンチャーのレオモン&ナレーション)
櫻井孝宏さん(ゲートキーパーズの浮江瞬、デジモンアドベンチャーのテントモン、DGRAYーMANの神田ユウ、コードギアスのスザク)
も出演してほしいです。


質問タグ:ケロロ軍曹,ドラゴンボール,スラムダンク,デジモンアドベンチャー,てらそままさき,スーパー戦隊,251名何

【マジ】下野紘さんが主役の吹き替えをしていた、海外のアニメ映画の名前が思...

下野紘さんが主役の吹き替えをしていた、海外のアニメ映画の名前が思...

下野紘さんが主役の吹き替えをしていた、海外のアニメ映画の名前が思い出せません! なんか赤い三角の帽子を被っていた気がします。なんというアニメだったでしょうか…

アンサー

実際見たわけでなく、調べた結果なので違ったら申し訳ないんですが(主役ですらなかった汗)
RWBYと言う映画は違いますか?
下野がアニメの吹き替え映画やっているのがこの映画だけぽかったので…
あと主人公?の女の子が赤い三角帽子というかマントみたいなものを付けていたのでこれかな?と
違ったらすみません( ̄▽ ̄;)


質問タグ:下野紘,アニメ,アニメ映画,主役,帽子,RWBY,赤い三角帽子

-オオカミ少女と黒王子
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Copyright© アニメ百選 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.